メンズ

クレジットカードを作る前に比較しよう|失敗しないためのコツ

  1. ホーム
  2. 払えない場合

払えない場合

男の人

安易な借り入れには注意しましょう

空前絶後の低金利時代、住宅ローンの借入金利も随分と安くなっています。日銀の長期金利のゼロ政策により私たちが借り入れる長期ローンもそれに連動して安くなっているためです。この低金利の時代に、住宅ローンを借り入れ自宅の新築やリフオームを考えておられる方も多いと思います。 各金融機関も低利の住宅ローンの販売を競い合っている状況です。各金融機関により利息も違い利息の変動型や固定型、親子二世代型などたくさんの金利の設定方法がありますので借り入れる場合は各金融機関の利息設定をよく調べ利用することをお勧めします。 また各金融機関では公共料金の自動引き落としや給与の振込、年金の振込等を利用すると利息を安くするなど、いろいろな制度を設けています。 ローンを滞納するしかないという場合でも保証機関の保証が受けられます。

住宅ローンが払えない、そんな時どうする

このような低金利の時代住宅ローンの需要は高まっていますが、注意しなければならないのはこの住宅ローンの金利は長期金利のため、特に変動型の金利で利用した方は長期金利の変動で金利が上がったり下がったりします。金利が下げ局面の時には大丈夫でしょうが、上げ局面の時には思わぬ金利上昇でローンを滞納する事態が生じることがあります。 またこのグローバル化した時代、海外の国の社会情勢や、大会社の倒産などで金利が上がることも考えられます。また国内の社会情勢で、リストラや給与のダウンなども考えられます。このようなことでローンを滞納される方も多くなってきています。 ローンを滞納しなければならないというときは、各金融機関がローンを設定した支払回数の見直しや支払金額を見直してもらうようにしましょう。